【続報】2018年2月6日、台湾花蓮で地震

2月6日23時50分台湾花蓮で起きた地震の続報です。

花蓮市では統帥大飯店(マーシャル・ホテル)など建物が倒壊・損壊し、 少なくとも2人(台湾人)が死亡、200人以上が負傷しています。 当ホテルに泊まっていた日本人観光客約30人が避難されています。 日本台湾交流協会によると、日本人2名が負傷されておりますが、けがの程度は確認できておりません。

━━━━━━━━━━━━━━━ 弊社取扱のお客様 ━━━━━━━━━━━━━━━ ・統帥大飯店ご宿泊のお客様はございません。 ・現時点で花蓮ご滞在中のお客様で事故や負傷されたお客様はございません。

━━━━━━━━━━━━━━━ 台北交通状況 ━━━━━━━━━━━━━━━ MRT:通常運転 新幹線:通常運転 花蓮行き電車:徐行運転 花蓮行き高速道路:通行可能 太魯閣国家公園 ~ 大禹嶺:封鎖中

関連記事

12月1日から台北市内のドリンクスタンドやカフェで、プラスチックカップの提供が禁止されます。 違反した場合は、業者に対して1,200~6,00台湾元(の罰金が科されます。 台北市政府環境保護局(環保局)は11月23日、業者の9割が紙カップなどの代替品の準備を完了したと説明しました。

中央流行疫情指揮センターは11月23日、12月初めにも、屋外でのマスク着用義務を原則廃止すると述べました。 年越しイベントなど人が密集する場所はマスク着用を検討します。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/