top of page

アストラゼネカ製ワクチン、約62万回分到着

7月7日、アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン約62万6,000回分が午後3時20分ごろに到着しました。 台湾がアストラゼネカから直接交渉をして購入した物の一部となります。 第1陣11万7,000回分は今年3月3日に到着していました。

関連記事

九族文化村、桜をテーマに台日交流

今年で24年目に突入した「九族桜花祭」を開催する南投県の九族文化村で2月17日、今年2月に日本さくらの会より「第30代日本さくらの女王」に選ばれた杉浦美桜里さんを招待しての台日桜文化交流のイベントが開催されました。また、九族文化村と日月潭を結ぶロープウェイで床が透明なゴンドラ24台にラッピングを施して「桜花女王号」と命名し、イベントでは命名セレモニーがおこなわれました。

台北ランタンフェスティバルで大阪の「光の饗宴」と万博をPR、観光交流協定を締結

大阪観光局と台北市観光伝播局が2月17日、観光交流協定を締結しました。大阪観光局は、大阪府と大阪市の観光事業振興に取り組む公益財団法人で、協定の締結により双方の観光情報の閃電や、観光イベントへの参加を強化し、お互いの観光の発展を促進します。 また、大阪市は西門町エリアで開催中の台北燈會(台北ランタンフェスティバル)にランタンを出展し、2025年に開催される大阪・関西万博や、毎年12月に開催されるイ

高雄市、友好都市を招待して高雄市の変化を紹介

高雄市と友好都市を結ぶ6つの都市から代表団が高雄市へ招かれ、「ラバーダック」鑑賞などをおこないました。参加したのはアフリカ南部エスワティニ王国の首都ムババーネ、アメリカのポートランド、韓国の釜山、日本の熊本県、熊本市、新潟県佐渡市の6都市。高雄市は、この10年間での高雄市の変化を来賓に実感してもらおうと今回の招待を企画しました。 一行は「2024愛河創意自力造筏大賽(自作のいかだでの競争イベント)

bottom of page