コロナ重症者向け人工呼吸器、使用可能に

電子機器の受託製造大手、和碩聯合科技(ペガトロン)は6月30日、台湾衛生福利部から新型コロナウイルスの重症者向けに開発した人工呼吸器の製造許可を取得したと発表しました。 ペガトロンは、昨年4月に経済部がコロナ感染者向けの人工呼吸器について、台湾で生産化計画を発表したことを受け、7月から工研院生医所と開発を進めていたと説明しました。 また、米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可(EUA)も申請していると明らかにしました。

関連記事

10月13日から新型コロナウイルス感染症の水際対策が大幅に緩和され、人の往来が頻繁になりました。 桃園国際空港の11月25日の発表によると、10月の利用客は延べ67万1000人で前年同月の9.7倍に増加しました。 1~10月の利用客は271万人で、前年同期の3.6倍でした。

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯