top of page

リビングロボットの「見守りウィーゴ」、台湾で実証実験

株式会社リビングロボット(本社:福島県)が開発を進めている高齢者生活サポートのためのパートナーロボット「見守りウィーゴ」の実証実験が、台湾の介護施設「北投稲香日照中心」で開始されました。実証期間は2023年12月末から2024年3月下旬の予定で、「見守りウィーゴ」のエンタメ機能やおしゃべり機能を活用して高齢患者の会話を促したり、一緒に体を動かしたりするほか、スケジュール機能で患者のスケジュールに合わせて、薬の飲み忘れが無いかなどの声掛けをおこない、生活のルーティーンを確認します。高齢化社会によって起こる医療・介護従事者の負担軽減と高齢者の生活サポートを目指し、2024年リリースに向けて開発が進められています。

関連記事

2023年フードデリバリーサービス、フードパンダ利用率上昇

資訊工業策進会産業情報研究所(MIC)が消費者がよく利用するフードデリバリーサービスのプラットフォーム上位5位(複数回答)を発表しました。2大プラットフォームは前年から順位が変わらずfoodpanda(フードパンダ)が73.6%で前年比2.4ポイント成長、Uber Eats(ウーバーイーツ)が57.6%で前年比1.2ポイント減少となりました。3位から5位はPXGo!小時達、foodomo、蝦皮美食

台湾株式市場、2日連続で過去最高値を更新

台湾株式市場の加権指数の終値が2月22、23日の連続で過去最高値を更新しました。22日の終値は前日比176.47ポイント(0.94%)上昇の1万8,852.78ポイント、23日の終値は36.41ポイント(0.19%)上昇の1万8,889.19ポイントでした。23日の取引中に一時、1万9,000ポイントを超え過去最高値を更新しました。

2023年の訪台旅客数、コロナ前の5割まで回復

交通部観光署の統計によると2023年の訪台旅客数は前年から7.24倍増加して648万6,951人、コロナ前の2019年と比較すると54.68%まで回復しました。また、台湾からの海外旅行者数は前年から7.95倍増加して422万5,804人、2019年と比較すると68.9%まで回復しました。このうち、訪台日本人旅客数は92万8,235人で香港マカオに次いで2位、訪日台湾旅客数は422万5,804人で台

bottom of page