top of page

台湾最大規模の国際会議・展示会場、桃園市で開業へ

台湾で最大規模となる国際会議・展示会場の桃園會展中心(メッセ桃園)が、2024年10月に桃園市に開業する予定です。また、日本の博報堂が、傘下企業の安益国際展覧がメッセ桃園の経営権を獲得したことを11月28日に発表しました。高雄展覧館に続く台湾で2カ所目の大型展示会場の運営となります。

桃園會展中心は桃園MRTの桃園体育園区駅(A19)のそばに位置し、敷地面積は2.87ヘクタール。建物は地上4階、地下2階建てで、最大収容人数は6,000人、展示エリアは600ブースを設置できます。

関連記事

台南州立台南農業学校の日本統治時代の木造宿舎、保存修理を開始

台南市で5月14日、旧台南州立台南農業学校職員宿舎(台南市永康区)のうち現存する4棟8戸の保存修理が開始されました。総工費1億元(約4.8億円)、修理期間は3年を予定しており、2027年に竣工予定です。台南州立台南農業学校は日本統治時代の1939年に完成しました。今回保存修理がおこなわれる職員宿舎は1943年に完成、2ヘクタールの土地に校長用宿舎と5棟10戸の主任級宿舎が建てられました。 台南市の

屏東県「牡丹社事件」150周年、石門古戦場を県定古蹟に登録

屏東県政府と牡丹鄉公所(役所)の共同で、「牡丹社事件」から今年で150周年を記念した一連のイベント開催を予定しています。「PEACE/平和」と「Marasudj/団結と協力」をコンセプトとし、パイワン族の伝統模様、石門の険しい地形とパイワン語を組み合わせたデザインのロゴを、5月14日に発表しました。また牡丹社事件記念日の5月22日には、県定古蹟として登録される石門古戦場の「県定史蹟碑」の除幕式と、

台湾初のデジタル海洋生態テーマパーク、台北市立動物園近くに建設へ

台湾初のデジタル海洋生態テーマパーク建設のBOT計画について5月13日、台北市政府と光禹グループが契約を締結しました。投資額46億台湾元(約220億円)、2028年までに着工し、2033年に開業予定です。駐車場を含む建設計画は、台北市立動物園(台北市文山区)の近くの敷地面積13ヘクタールの用地に水族館、商業施設、宿泊施設などが建設される予定です。完成後は、年間100万人の来園を見込んでいます。

Comments


bottom of page