top of page

台湾産パイン、日本に1.8万トン輸出

行政院農業委員会農糧署(農委会農糧署) 3月28日は、今年の台湾産パイナップルの輸出目標は2万トン達成できるとの見通しを示しています。

そのうち日本向けは1万8000トンです。


最大の輸出先だった中国が2021年3月に台湾産パイナップルの輸入を禁止して以来、日本が最大の輸出先となっています。


関連記事

新竹県の「湖口米」1,200トン、日本へ出荷

新竹県湖口郷で5月27日、「湖口米」1,200トンが日本へ向けて出荷されました。「湖口米」は2020年にCNS(台湾国内での白米の基準)で最高レベルの「一等」を獲得し、3,200トンを日本へ出荷しました。今回は4年ぶりの日本へ向けた出荷となります。 湖口郷は1,200ヘクタールの敷地で二期作をおこなっており、年間の生産量は約6,000トン。湖口郷農会は、湖口郷で生産された米が日本の厳しい検疫を通過

マレーシア、出入国自動化ゲート利用対象に中華民国を追加

外交部が5月24日、マレーシアの出入国審査の自動化ゲート利用対象に中華民国パスポート所持者が6月1日より追加されると発表しました。政府は、中華民国パスポートが自動化ゲートを利用出来る国を増やそうと働きかけており、マレーシアが10番目の国となります。 マレーシアの自動化ゲートの利用には申請が必要で、初回は一般の外国人用の入国審査レーンに並び、手続きをおこないます。出国からは自動化ゲートを利用可能で、

重要無形文化財「豊前神楽」が台湾公演を予定、7月に

5月21日に開設された福岡県豊前市台北連絡処が、重要無形民族文化財に指定されている「豊前神楽」の台湾で初めての公演を7月におこなう予定であると発表しました。また、台湾の祭りばやし「陣頭」の「八家将」との文化交流も予定しています。 豊前市の後藤元秀市長は、重要無形文化財である豊前神楽を台湾の人たちへ初めて見せることが出来、嬉しく思うと述べ、台湾の人たちへ豊前神楽を知ってもらい、台日文化交流を促進した

Comentarios


bottom of page