top of page

桃園メトロ、新しい自動チェックイン対応航空会社

桃園メトロ空港線は昨年3月からA1台北駅での自動チェックインサービスを提供していますが、 11月13日より新たな航空会社にも対応できるようになりました。 新しく追加された航空会社はいずれもスタッフは駐在せず、 自動チェックインサービスのみ利用可能です。 自動チェックインができるのは出発3時間前までとなり、 預けられる荷物は形状が変わらない一般のスーツケースのみとなります。

【自動チェックインできる航空会社】 チャイナエアライン エバー航空 マンダリン航空 ユニー航空 ★キャセイパシフィック航空 ★キャセイドラゴン航空 ★エアアジア・グループ(エアアジア、エアアジアX、エアアジア・フィリピン)

※★は新しく対応可能となった航空会社。

関連記事

台南州立台南農業学校の日本統治時代の木造宿舎、保存修理を開始

台南市で5月14日、旧台南州立台南農業学校職員宿舎(台南市永康区)のうち現存する4棟8戸の保存修理が開始されました。総工費1億元(約4.8億円)、修理期間は3年を予定しており、2027年に竣工予定です。台南州立台南農業学校は日本統治時代の1939年に完成しました。今回保存修理がおこなわれる職員宿舎は1943年に完成、2ヘクタールの土地に校長用宿舎と5棟10戸の主任級宿舎が建てられました。 台南市の

台北メトロ、遠州鉄道と天竜浜名湖鉄道の3社で友好協定締結

台北捷運公司(台北メトロ)、遠州鉄道株式会社(本社 浜松市中央区)、天竜浜名湖鉄道株式会社(本社 浜松市天竜区)の3社が5月14日、静岡県浜松市内で友好協定の調印式をおこないました。調印には、台北駐日経済文化代表処横浜分処の張淑玲処長と浜松市の長田繁喜副市長が立ち合いました。 台北メトロと静岡県の関係は深く、昨年には猫空ロープウェイが静岡鉄道、日本平ロープウェイと友好協定を締結しており、台北市と静

屏東県「牡丹社事件」150周年、石門古戦場を県定古蹟に登録

屏東県政府と牡丹鄉公所(役所)の共同で、「牡丹社事件」から今年で150周年を記念した一連のイベント開催を予定しています。「PEACE/平和」と「Marasudj/団結と協力」をコンセプトとし、パイワン族の伝統模様、石門の険しい地形とパイワン語を組み合わせたデザインのロゴを、5月14日に発表しました。また牡丹社事件記念日の5月22日には、県定古蹟として登録される石門古戦場の「県定史蹟碑」の除幕式と、

Comments


bottom of page