top of page

[4/16再更新]故宮博物院 敷地内の道路工事5月末まで

故宮博物院敷地内の道路工事について、下記工事情報の追加及び変更が 入りましたので、お知らせ致します。 ■工事期間:2013年12月01日~2014年5月末 ■工事内容:故宮博物院内の道路工事 ■影響:故宮博物院内の道路は車両通行止めとなる為、全てのお客様は 敷地の入口(広場)から本館まで徒歩で移動となります。 (詳細) ※市内観光のお客様に関して、通常乗車/下車しているB1階で案内する事が できなくなり、敷地の入口(広場)から本館まで登ってのご案内となります。 ※院内の道路は4人乗りの乗用車のみ乗り入れ可能です。(タクシー不可) ※故宮内でシャトルバスのサービスがございます。 (予約制ではなく、ご乗車の確約はございません。また、足の不自由なお客様がご利用対象となります。) 車椅子利用/足の不自由なお客様に関しては、広場の隣にスロープが 設置されています、下車広場より正面に向かい右側から登り、真ん中からは左側から登ります。夜でもスロープにライト設備があり安心して移動ができます。そちらから車椅子で同行者にお手伝頂き上まで登って頂きます。(スロープ隣に車椅子・傘のレンタル所を設置しております。) 上記期間中にご旅行のお客様は予めご注意下さい。 (故宮博物院のリンク)中国語版  http://www.npm.gov.tw/zh-TW/Article.aspx?sNo=04005519

関連記事

九族文化村、桜をテーマに台日交流

今年で24年目に突入した「九族桜花祭」を開催する南投県の九族文化村で2月17日、今年2月に日本さくらの会より「第30代日本さくらの女王」に選ばれた杉浦美桜里さんを招待しての台日桜文化交流のイベントが開催されました。また、九族文化村と日月潭を結ぶロープウェイで床が透明なゴンドラ24台にラッピングを施して「桜花女王号」と命名し、イベントでは命名セレモニーがおこなわれました。

交通部、自転車で台湾一周サイクリングロード視察

近年、交通部は台湾をサイクリングの聖地とするよう取り組みを進めています。交通部の陳彦伯政務次長率いる関係者らが2月16日午前、5泊6日で自転車台湾一周をおこなうサイクリングロード視察へ台北市の松山駅より出発しました。一行はサイクリングロードの視察のほか、各地の自転車愛好家や観光業者と4度の座談会をおこなう予定です。 台湾一周の為のサイクリングロード「環島1号線」と25本の「支線」は2015年から2

嘉義市、日本時代の警察の歴史建築が修復完了

台南南部・嘉義市の歴史建築「東門派出所」が、6年間の期間を経て昨年11月に修復作業が完了し、4月より郷土文学を紹介する文化施設としてのオープン準備を嘉義市文化局が進めています。東派出所は嘉義市で唯一現存している日本統治時代の警察機関の歴史建築で、1923年に建設された事務所1棟、宿舎2棟からなる施設です。 また、修復作業中に石積みの塀が発掘され調査した結果、清朝時代の1845年に建設された「龍王廟

bottom of page