top of page

7月から北部4市の1200元定期券を利用開始

台北市政府は5月14日、台北市、新北市、桃園市、基隆市の台湾鉄路(台鉄)、都市交通システム(MRT) 、高速バス、路線バスなど30日間無制限利用できる1200台湾元の定期券を6月15日に発売し、7月1日から利用できると明らかにしました。


現在販売中の台北市、新北市のMRT、軽軌(ライトレール)、路線バスが30日間の1280元定期券は6月末に販売が終了します。


関連記事

JAL貨物機、14年ぶりの台日間運航

日本航空(JAL)が2月19日、14年ぶりとなる台日間の貨物機を運航しました。日本航空は14年前、事業縮小の際に所有していた国際線の貨物機を全て売却しており、これまでは旅客機のスペースを利用して貨物を運んでいました。今回運航した貨物機は、 自社で運航していた中型旅客機ボーイング767-300ER型機を改修したもので、上部荷物室最大積載量32トン、下部荷物室最大積載量16トン。台湾と日本の航空貨物市

スターラックス航空、旅客機3機と貨物機5機を購入

台湾の星宇航空(スターラックス航空)がシンガポール・エアショーで2月21日、エアバスの貨物専用機A350Fを5機(1機あたり3億1,300万米ドル)、旅客機A330neoを3機(1機あたり2億6,500万米ドル)、合計23億6,000万米ドルの購入契約をおこないました。貨物機のA350Fは2027年より、旅客機のA330neoは2025年より引き渡しを受け、A330neoは中長距離の路線へ導入され

台湾-日本線が大幅増便、ビジネスや観光の需要増加

TSMCの熊本工場設置による九州線のビジネス・観光需要の高まりや、桜シーズンによる観光需要の高まりから、台湾-日本路線が大幅に増便されています。中華航空(チャイナエアライン)は台北-熊本線えお週4便から週5便へ、台北-福岡便を週16便から19便に増便します。3月末には中華航空の九州便は週24便となり、台湾の航空会社で最多の便数となります。このほか、台北-名古屋線を週7便から11便に増便します。長榮

bottom of page