top of page

アストラゼネカ製ワクチン、約59.5万回分到着

英アストラゼネカ社(AZ)が、開発した新型コロナウイルスワクチン約59.5万回分が8月31日午後、タイ・バンコクから台湾桃園国際空港に到着しました。

中央感染症指揮センターの陳時中・指揮官によると、昨年10月末に英アストラゼネカ社(AZ)と1,000万回分の 購入契約を交わしており、今回の約59.5万回分は7回目の配送で累計約327万回分となりました。

また、9月1日午後の記者会見で、独ビオンテック社(BNT)の新型コロナウイルスワクチン約94万回分を搭載した航空機が既に台湾に向っており、明日9月2日の早朝に到着する予定だと発表しました。

関連記事

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(樂桃航空)は2月1日、3月27日から台北(桃園)~名古屋(中部)線に就航すると発表しました。 週7便の運航となります。 一方、高雄~大阪(関西) 線は8月1日から約3年半ぶりに運航を再開します。 ピーチ・アビエーション公式サイト https://www.flypeach.com/

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、海外から入国後7日間の自主防疫期間は、新型コロナウイルス感染症の症状がある場合にのみ抗原検査を実施すると発表しました。 これに伴い、入国者に配布する抗原検査キットについて、1人当たりの配布個数を現行の4個から1個に変更します。 現行では、自主防疫期間に外出する場合、2日以内の陰性結果が必要です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) http

中央流行疫情指揮センターは1月31日、2月7日以降、中国からの渡航者に対して入国時のPCR検査を実施する措置を取りやめると発表しました。 また、中国から香港、マカオを経由して台湾に入国する場合、48時間以内のPCR検査または24時間以内の抗原検査陰性証明を要求する措置も取りやめます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

bottom of page