top of page

インドネシア訪問の農業青年大使12名、「ミレニアル農家」と交流

農業部と外交部が合同で実施している「農業青年大使『新南向』交流計画」で選出された青年農業大使24名のうち12名が10月30日、インドネシアのジャカルタを訪問し、31日にインドネシア農業省を訪れインドネシア政府が選抜した若手の生産者「ミレニアル農家」の約20名と交流を深めました。


インドネシアを訪問中の青年農業大使は、農業、林業、漁業、牧畜業など様々な分野から選抜されており、インドネシアに7日間滞在して、政府機関のほかに企業や学術機関へも訪問を予定しています。

関連記事

新北市瑞芳区と熊本県上天草市、「猫」が縁の友好交流協定

熊本県上天草市の堀江隆臣上市長ら訪問団が新北市を訪れ、4月15日に新北市瑞芳区と友好交流協定を締結しました。瑞芳区には「猫村」として有名な猴硐が、上天草市には「猫の島」の愛称を持つ湯島があり、猫が緣での協定締結となりました。猫の他にも、漁港やサイクリングなど、観光や産業で共通点を多く持っています。 双方は今年1月、台北駐大阪経済文化弁事処福岡分処の仲介によりオンラインで交流を開始しました。協定締結

玉山金融控股、熊本市と包括的連携のMOU締結

玉山金融控股(Eサン・フィナンシャル・ホールディング)が4月10日、熊本市と包括的連携に関するMOUを締結したと発表しました。台湾と熊本の経済、観光、スポーツなど様々な分野での交流促進を目的としています。玉山金融控股は現在、国外の10の国と地域に31の拠点を設立しており、日本には2017年に開業した東京支店と、昨年に開業した福岡支店があります。 また玉山金融控股は熊本市とのMOU締結以外に、日本M

台南から京都・高台寺へ、昭和天皇お手植えの桜を植樹

台南市と京都府京都市の高台寺が3月22日、北政所(ねね)の没後400年を記念して台湾の桜を高台寺へ植樹する式典を開催しました。植樹された桜の苗木は、1923年に昭和天皇(当時は皇太子)が台湾を訪問した「台湾行啓」の際に、昭和天皇自らがお手植えした桜の木から育てられたものです。台南市と京都市は共に「世界歴史都市連盟」の一員で、2021年に両市は交流促進協定を締結しています。 台南市からは趙卿惠副市長

Comments


bottom of page