クルーズ付き宿泊プラン、ホテル大手チェーンが共同で販売

観光ホテル大手チェーンであるLDCホテルズ&リゾーツ(雲朗観光)、シーザーパークホテル&リゾート(凱撒飯店連鎖)、ホテルロイヤルグループ(老爺酒店集団)が10月24日から11月28日限定で ホテルとクルーズがセットとなった宿泊プランの共同販売を開始しました。

セットプランは北投区の関渡埠頭発着のクルーズ船「皇后号」による淡水河のクルーズと 台北市内又は北投区エリアにある各チェーンホテルの宿泊となっています。

関連記事

交通系ICカード「悠遊カード」は11月7日から沖縄県の2000店舗余りで利用可能になりました。 台北市の柯文哲・市長は12月1日から3日まで、悠遊カードのPRのため、沖縄県を訪問しました。 沖縄県での悠遊カード利用は、台湾人が80%を占めると予想され、今後、日本の他の都市にも拡大したいと語りました。

ホテル業界の深刻な人手不足を受け、交通部観光局と労働部労働力発展署(労発署)は、台湾の大学を卒業した外国人と華僑を客室サービス人員として採用すればポイント制の就業許可申請対象に20ポイントを加算することに合意しました。 20ポイントが加算されれば、優れた中国語能力(30点)、3万台湾元以上の給与への評価点を加えると、就労基準の70点に達し、就業資格を取得した留学生が大幅に増えます。 年間1500~

リージェント台北(台北晶華酒店)ですが、 下記各期間中、室外プールとタイパンラウンジのメンテナンスの為、ご利用ができません。 <室外プール> 期間:2022/11/28~11/30 ※2022/12/31(土) 22:30-00:30は特別イベントがあるため、特別プランを予約されたお客様のみ利用可能 < タイパンラウンジ> 期間:2022/11/28~12/20 ※期間中におきましてもホテルは通常