シャングリラ台北の「遠東Cafe」、ブッフェの内容に鼎泰豊の小籠包が登場

シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザホテル台北(香格里拉遠東国際大飯店)の6階にあるレストラン 「遠東Cafe」の改装工事が終了しリニューアルオープンしました。

「遠東Cafe」はブッフェスタイルのレストランで、 観光ホテルのレストランとしては初めての「鼎泰豊」と提携し、 同店の小籠包や各種点心を頂く事ができます。

————————————————————————————— シャングリラ ファー イースタン プラザ/香格里拉台北遠東国際大飯店 台北市大安区敦化南路2段201号 https://www.shangri-la.com/jp/taipei/fareasternplazashangrila/ —————————————————————————————

関連記事

台北101で毎年の大晦日に行われる花火ショーは世界的な年越しイベントとなっており、当日の台北101と周辺高層ビルのレストラン予約状況が好調です。 台北101の85階のイタリアンレストラン「随意鳥地方」の窓際の席はすでに予約がいっぱいです。 台北101のオフィスビル営運長は、新型コロナウイルスの水際対策が緩和され、下半期の飲食部門の売上が上半期より40%増加したと指摘しました。

12月1日から台北市内のドリンクスタンドやカフェで、プラスチックカップの提供が禁止されます。 違反した場合は、業者に対して1,200~6,00台湾元(の罰金が科されます。 台北市政府環境保護局(環保局)は11月23日、業者の9割が紙カップなどの代替品の準備を完了したと説明しました。

小籠包で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)は11月15日、一部メニューを22日から平均4%値上げすると発表しました。 小籠包は1個当たり23台湾元から25台湾元に、8.6%上昇します。 インフレによる原材料価格の上昇と人件費上昇が値上げの理由だと説明しました。 鼎泰豊の公式サイトはこちら