top of page

スターラックスの乗客302人、成田で一夜

エバーグリーン・グループ(長栄集団)元董事長の張国煒が設立したスターラックス・エアラインズ(星宇航空)は5月6日、強風で飛行機の到着が大幅に遅れました。

これによって成田発台湾行きの航空便は欠航となり、当初搭乗予定だった乗客は次の便に乗ることになりました。

しかし、機体にも異常が生じ、離陸できず、結局、乗客302人が成田空港の搭乗待合室で一夜を過ごしました。


同社は7日、乗客をできるだけ早く帰国させ、新たに飛行機を手配し、日本に派遣しました。

影響を受けた乗客の場合、往復料金は全額返金されます。


スターラックス航空

関連記事

台湾観光PR電車「ビビビビ!台湾号」、京急電鉄で運行

交通部観光署は日本の景品休校電鉄株式会社(京急電鉄)の協力のもと、6月7日より台湾観光PRの特別ラッピング電車「ビビビビ!台湾号」の運行を開始しました。同日、東京品川駅にて発車セレモニーがおこなわれました。運行期間は9月28日まで。 ラッピング電車の車体には「台湾」の文字がデザインされています。車内広告は台湾各地の観光スポットを紹介する特別デザインのものを掲示し、「パイナップル車両」「茶葉車両」「

鹿児島県伊佐市、友好協定を結ぶ花蓮市へ義援金

今年1月に花蓮市と友好交流協定を締結した鹿児島県伊佐市より、被災地への義援金100万円が花蓮市の義援金専用口座へ寄付されました。4月3日の地震の発生後、伊佐市は4月4日より5月17日まで市役所内に募金箱を設置して義援金を募りました。花蓮市の魏嘉彦市長は、伊佐市と伊佐市民からの援助に深い感謝を示しています。 伊佐市の橋本欣也市長は、被災地の一日も早い復興を願っていると述べ、また、花蓮県政府や日夜救助

花蓮を訪問の「在台日本人花蓮応援団」、蕭美琴副総統と面会

花蓮の観光復興応援の為に6月8日から1泊2日の日程で同県を訪問した「在台日本人花蓮応援団」が、6月9日に文化施設「松園別館」で蕭美琴副総統と面会しました。蕭副総統は花蓮に10年間住んでいたことがあり、訪問団を歓迎し、観光復興の為に花蓮を訪れてくれたことへ感謝を示しました。 面会がおこなわれた「松園別館」は日本統治時代に建設された旧日本軍宿舎を活用した文化施設で、4月3日の震災の前には1日当たり30

댓글


bottom of page