top of page

台湾ジャパンビジネスデー開催、商機1.5億ドル見込み

台北市信義区の台北国際会議センターで3月27日、中華民国対外貿易発展協会(TAITRA)主催の「2024年臺日商機媒合大會(台湾ジャパンビジネスデー)」が開催されました。バイヤー数はここ数年で最高となり、昨年比40%の増加、日本企業44社と台湾企業205社の間で298件の商談がおこなわれました。


日本企業は文具メーカーのパイロット、玩具メーカーのバンダイ、ディスカウントストアのドン・キホーテ、INEC、蔦屋グループなどが参加し、約1億5,000万米ドルの商機が見込まれています。調達品目は情報通信技術誠品、電子部品、金属ファスナー、レジャー用品、食品など。

関連記事

重要無形文化財「豊前神楽」が台湾公演を予定、7月に

5月21日に開設された福岡県豊前市台北連絡処が、重要無形民族文化財に指定されている「豊前神楽」の台湾で初めての公演を7月におこなう予定であると発表しました。また、台湾の祭りばやし「陣頭」の「八家将」との文化交流も予定しています。 豊前市の後藤元秀市長は、重要無形文化財である豊前神楽を台湾の人たちへ初めて見せることが出来、嬉しく思うと述べ、台湾の人たちへ豊前神楽を知ってもらい、台日文化交流を促進した

東京で台湾映画紹介イベント、台湾映画ファンを増やす

文化部駐日台湾文化センター(東京都)が主催する台湾映画を紹介するイベント「台灣行動電影院(台湾映画上映会2024)」が5月に始まり、第2回目となる上映会が5月24日に同センターでおこなわれました。上映会では今年の大阪アジアン映画祭で好評だった「春行」が上映されました。 このイベントは2016年より毎年開催されており、日本で台湾映画ファンを着実に増やし、毎回の上映会はすぐに予約が満員となります。今年

サッカー元日本代表の本田圭佑氏が訪台、4人制サッカーをPR

サッカー元日本代表の本田圭佑氏が5月25日、台北市でイベントを開催し、自身が考案した子供向けの4人制サッカー「4v4」をPRしました。本田氏の訪台は8年ぶり。本田氏は「4v4」のアジアカップを2025年に開催の為、引き続きアジア各国での宣伝活動をおこなう予定で、台湾の参加にも期待を寄せています。

Comments


bottom of page