top of page

桃園空港、2025年旅客数はコロナ前の8割に回復へ

交通部民用航空局(民航局)は11月7日、桃園国際空港の旅客数が2025年に延べ3900万人と、新型コロナウイルス感染症が流行する前の80%に達すると予想しました。

桃園空港の今年の旅客数は延べ400万人、2023年には2000万人に達する見通しです。


関連記事

医療機関などでのマスク着用、「義務」から「推奨」へ

新型コロナウイルス対策により2020年12月1日より義務化されていた医療機関、介護施設でのマスク着用が、5月19日より「義務」が解除されて「推奨」へ調整されます。今回のマスク着用義務の解除で、台湾のすべての場所でのマスク着用義務が解除されることになります。 推奨に調整されますが、体調が優れない場合や、妊婦や高齢者、病院や人が密集する場所へ赴く場合にはマスクを着用するよう注意を呼びかけています。

交通部観光署、台湾観光の新キャッチフレーズとロゴを公開

交通部観光署が5月6日、台湾観光PRの新たなキャッチフレーズ、ロゴなどを公開しました。2011年より13年間使用したキャッチフレーズ「Heart of Asia」から、新しいキャッチフレーズは「Waves of Wonder」となり、ロゴのTAIWANの文字は、台湾の山脈、海洋、道路や鉄道をイメージした曲線を使用したデザインとなっています。 観光署の周永暉署長は、新しいキャッチフレーズやロゴなどは

Comments


bottom of page