top of page

能登地震、民間からの義援金を日本へ引き渡し

1月19日までに台湾の民間より寄せられた能登半島地震への義援金約5億4,000万台湾元(25億6,000万円)について1月26日、台湾の外交部が引き渡し式を開催しました。式には多額の義援金を寄せた国泰金融控股(キャセイフィナンシャルホールディングス)、玉山金融控股(Eサンフィナンシャルホールディング)、台新国際商業銀行(台新銀)、中国信託商業銀行(CTBCバンク)、鴻海科技集団(フォックスコン)、信錦企業(シンクモールドエンタープライズ)、上銀科技(ハイウィンテクノロジーズ)、台湾高速鉄路(高鉄)などが出席し、日本台湾交流協会台北事務所の片山和之代表が義援金を受け取りました。式に出席した台湾石川県人会の徳光重人代表は、挨拶の最後に台湾語で感謝の意を述べました。

関連記事

寒流襲来、4日間で313人が死亡

消防署の統計によると、1月20日からの寒流の影響で4日間での院外心停止(OHCA)に陥ったとみられる死者の数は20日71人、21日78人、22日92人、23日72仁、累計313人となりました。中央気象署によると、1月29日明け方まで寒さは続き、29日の昼以降より気温が上昇して最高気温は20度をこえ、一部の地域では30度近くまで気温が上昇する見込みです。

能登地震、台湾医療チームが被災地で支援活動

災害医療支援などに取り組むNGOの台湾災難医療隊発展協会(TDADMT)の先遣チームが震災直後の1月4日に能登地震の被災地へ駆け付け、1月11日まで建物の倒壊や津波の被害が大きかった石川県珠洲市で緊急支援活動にあたりました。また、日本のNGO法人、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が運営する空飛ぶ捜索医療団「ARROWS(アローズ)」にも様々なアドバイスやサポートをおこない、1月25日にはアローズ

台湾全土で猛烈な寒波、休校措置の地区も

猛烈な寒波の襲来で1月23日、陽名山や玉山では積雪が観測され、一部の地域では路面の凍結などの安全面を考慮して公共機関や学校が休みとなる「停班停課」の措置が取られました。交通部中央気象署の予報によると、寒波の影響は25日まで続く見込みです。 台北市の陽名山国家公園にある鞍部気象観測所では23日深夜から明け方にかけてみぞれが観測され、約1センチメートルの積雪となりました。台湾最高峰の玉山(標高3,95

bottom of page