top of page

行政院、台中MRT藍線の敷設計画を承認

台中MRT藍線敷設の総合計画案が1月29日、行政院で承認されました。台中港から沙鹿、西屯を経て市中心部までを結ぶ台中MRT藍線は、総工費1,615.14億台湾元(約7,640億円)、うち675.59億台湾元を中央政府が負担、10年後に完成する予定です。台中MRT藍線は胡志強市長(在職期間2001~2014年)の時代に計画されたもののバス高速輸送システム(BRT)と路線が重なるため差し戻され、林佳龍市長(在職期間2014~2018年)の時代に路線と予算を見直した計画が再提出されて審査が進められていました。現職の盧秀燕市長が計画の路線と予算を更に変更し、今回の承認に至りました。

関連記事

交通系ICカード「悠遊卡」、シール型を発売へ

交通系ICカード「悠遊卡(イージーカード)」を運営する悠遊卡公司が、今年半ばに携帯電話用のシール型イージーカードを発売、第4四半期に電子マネーとの連携サービスの提供開始を予定していると明らかにしました。 台湾でのスマートフォン市場はiPhoneがシェア50%を占めていますが、イージーカードは日本の交通系ICカード「Suica(スイカ)」のようにiPhoneのウォレットのアプリに追加できません。悠遊

自転車シェアリング「YouBike」、台北市で最初の30分無料化へ

台北市の蔣萬安市長と台北市政府交通局が2月26日に記者会見をおこない、2月28日より自転車シェアリング「YouBike」の台北市内での利用の最初の30分を無料にすると発表しました。交通局は、2030年の台北市の二酸化炭素排出量40%削減と、グリーンモビリティー利用率70%増加の目標達成の為、YouBikeの規模拡大計画を進めています。

高雄ライトレール無料試乗期間終了、2月26日より有料に

昨年12月末に延伸工事が完了して今年の1月1日より試運行が開始された高雄軽軌鉄道(ライトレール)環状線の全線無料の試乗期間が2月25日で終了しました。2月26日より初乗り運賃は20台湾元(約95円)、5キロメートル以上の距離から毎2キロメートルごとに5台湾元が加算され、最大料金は35台湾元。改札から駅構内へ入り2時間以上出なかった場合、改札から出る際に乗車料金に20元が加算されます。

bottom of page