10月末までにワクチン2回接種率30%へ

中央流行疫情指揮センターの陳時中・指揮官は10月12日、10月末までに新型コロナウイルス感染症ワクチンの1回目の接種率70%、2回目の接種率30%を目標とすると述べました。

また11月から接種計画を拡大し、2回目接種率を年内中に60%までに引き上げると発表しました。 衛福部疾病管制署のデータによると、11日時点で1回目を接種したのは1,375万9,882人、2回目を接種したのは448万974人となりました。 ワクチン接種率は人口カバー率が58.72%、延べ接種回数の人口比は77.85%となりました。

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

中央流行疫情指揮センターは11月23日、12月初めにも、屋外でのマスク着用義務を原則廃止すると述べました。 年越しイベントなど人が密集する場所はマスク着用を検討します。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

各旅行会社様からのお問い合わせ内容をFAQ方式で共有させて頂いております。 追加分(11/21)をお知らせします。 台湾入国質問表

中央流行疫情指揮センターは11月17日、マスク着用義務を緩和する第2段階は、来年の旧正月以降を推奨すると説明しました。 第2段階では、医療機関、公共交通機関、室内大型集会など特定の場所のみでマスク着用を義務付けます。 指揮センターは11月末にも、大型イベントなどを除く屋外でのマスク着用義務を撤廃する予定です。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/