10月4日までコロナ警戒レベル2を維持

中央感染症指揮センターは9月19日、感染経路不明の新型コロナウィルス感染が散発的に発生していることを受け、9月21日から10月4日まで新型コロナウィルスの警戒レベル2を維持すると発表しました。

また、以下を条件に新たに展覧会・大型会場でのイベントの規制が緩和されました。

・出展ブースは、展示エリア総面積の40%に制限 ・会場スタッフの6割が新型コロナワクチンを1回目以上接種済みであること ・屋内会場は、1人当たり2.25平方メートルの社会的距離を条件に収容人数の上限を80人以上に設定可能 ・屋外会場は、人数の上限を300人まで

下記、八大産業は引き続き規制対象で営業停止中となっております。 ・ダンスホール業 ・舞踏ホール業 ・酒接待飲食業 ・バー業 ・特殊喫茶室業 ・カラオケ業 ・サウナ業 ・ナイトクラブ業

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

中央流行疫情指揮センター11月は28日、12月1日から屋外でのマスク着用義務を廃止すると発表しました。 ただ、年越しイベントなど人が密集する場所については、、別途検討します。 公共交通機関を含む屋内ではマスクの着用を引き続き求めます。 外出時に飲食する際のほか、運動、カラオケ、写真撮影、講演、講座、温泉、サウナ、水場での活動などでマスクは外すことが認められます。 また、宴席でテーブルを回っての乾杯

中央流行疫情指揮センターは11月28日、新型コロナウイルスの水際対策について、12月10日午前0時から海外からの入境者数の上限を撤廃すると発表しました。 クリスマスや年末年始、旧正月期間で、出入境の需要が増えると見込まれるためです。 現行では、入境者数の上限は1週間当たり15万人で、12月1日から20万人に引き上げられます。 中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc

熊本県の蒲島郁夫知事は11月24日、県内経済団体を中心としたメンバーとともに、2023年1月11日~14日に台湾を訪問すると発表しました。 今年10月に訪台予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期していました。 高雄市との友好交流協定締結5周年記念行事のほかにも、半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)や中華航空(チャイナエアライン)を訪問する予定です。