top of page

10月4日までコロナ警戒レベル2を維持

中央感染症指揮センターは9月19日、感染経路不明の新型コロナウィルス感染が散発的に発生していることを受け、9月21日から10月4日まで新型コロナウィルスの警戒レベル2を維持すると発表しました。

また、以下を条件に新たに展覧会・大型会場でのイベントの規制が緩和されました。

・出展ブースは、展示エリア総面積の40%に制限 ・会場スタッフの6割が新型コロナワクチンを1回目以上接種済みであること ・屋内会場は、1人当たり2.25平方メートルの社会的距離を条件に収容人数の上限を80人以上に設定可能 ・屋外会場は、人数の上限を300人まで

下記、八大産業は引き続き規制対象で営業停止中となっております。 ・ダンスホール業 ・舞踏ホール業 ・酒接待飲食業 ・バー業 ・特殊喫茶室業 ・カラオケ業 ・サウナ業 ・ナイトクラブ業

中央流行疫情指揮センター(中国語、英語) https://www.cdc.gov.tw/

関連記事

新型コロナウイルス後、日本人観光客を台湾に誘致するため、交通部観光局は3月、台湾旅行会社、観光農場、観光関連産業などの関係者らを率いて九州福岡県と関西大阪府など2ヵ所で台湾の観光プロモーションイベントを行っています。 17日に福岡で観光業界の関係者を対象に「台湾観光セミナーin福岡」や「台湾観光懇親会in福岡」を開催し、19日と20日に大阪市阿倍野区のファッションビル「あべのHoop」で一般市民を

原住民族委員会は3月13日から16日まで、オーストラリアのパースで開かれた第2回「世界先住民族観光サミット」に訪問団を派遣し、関連のイベントや座談会などに参加しました。 同委のイチャン・パロー主任委員が、台湾で2024年の第3回サミットが開催すると発表しました。 今回のサミットには21か国から630人余りが参加しました。

3月20日から軽症・無症状の新型コロナウイルス感染者の届け出と、5日間の隔離が不要になりました。 抗原簡易キットの検査結果が陰性になるまで、または発症・陽性確認から10日経過するまでは、外出が可能な自主健康管理の「0+N」のみとなります。 期間中の外出にはマスクの常時着用が求められます。

bottom of page