top of page

2月2日から台湾~イタリア路線が一時運行停止に

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、 イタリアの航空管理当局は1月31日に台湾の航空会社を含む7社を集めて会合を開き、 イタリアへのフライトは2月2日から4月28日の間受け入れない事を宣言しました。

これに対し台湾外交部の呉釗燮部長は2月2日に記者会見を開き、 WHOのレポートが中国の感染者数に台湾も加えており誤った認識をさせると主張。 また、一時受け入れ拒否となったが同日夜に運行再開となった台湾~ベトナム線を例にあげ、 イタリア政府の決定に対して遺憾の意を表明しました。

関連記事

JAL貨物機、14年ぶりの台日間運航

日本航空(JAL)が2月19日、14年ぶりとなる台日間の貨物機を運航しました。日本航空は14年前、事業縮小の際に所有していた国際線の貨物機を全て売却しており、これまでは旅客機のスペースを利用して貨物を運んでいました。今回運航した貨物機は、 自社で運航していた中型旅客機ボーイング767-300ER型機を改修したもので、上部荷物室最大積載量32トン、下部荷物室最大積載量16トン。台湾と日本の航空貨物市

スターラックス航空、旅客機3機と貨物機5機を購入

台湾の星宇航空(スターラックス航空)がシンガポール・エアショーで2月21日、エアバスの貨物専用機A350Fを5機(1機あたり3億1,300万米ドル)、旅客機A330neoを3機(1機あたり2億6,500万米ドル)、合計23億6,000万米ドルの購入契約をおこないました。貨物機のA350Fは2027年より、旅客機のA330neoは2025年より引き渡しを受け、A330neoは中長距離の路線へ導入され

台湾-日本線が大幅増便、ビジネスや観光の需要増加

TSMCの熊本工場設置による九州線のビジネス・観光需要の高まりや、桜シーズンによる観光需要の高まりから、台湾-日本路線が大幅に増便されています。中華航空(チャイナエアライン)は台北-熊本線えお週4便から週5便へ、台北-福岡便を週16便から19便に増便します。3月末には中華航空の九州便は週24便となり、台湾の航空会社で最多の便数となります。このほか、台北-名古屋線を週7便から11便に増便します。長榮

bottom of page