2月2日から台湾~イタリア路線が一時運行停止に

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、 イタリアの航空管理当局は1月31日に台湾の航空会社を含む7社を集めて会合を開き、 イタリアへのフライトは2月2日から4月28日の間受け入れない事を宣言しました。

これに対し台湾外交部の呉釗燮部長は2月2日に記者会見を開き、 WHOのレポートが中国の感染者数に台湾も加えており誤った認識をさせると主張。 また、一時受け入れ拒否となったが同日夜に運行再開となった台湾~ベトナム線を例にあげ、 イタリア政府の決定に対して遺憾の意を表明しました。

#新型肺炎

関連記事

日本統治時代の1922年に完成した彰化県の扇形車庫は、今年で建設100周年を迎えます。 扇形車庫とは、機関車を方向転換させる転車台(ターンテーブル)と、それに合わせて扇のように弧を描いた形状に作られた車庫のことです。 交通部台湾鉄路管理局は12月4日、歴代の鉄道車両計14台を扇形車庫に集め、建設100周年の祝賀イベントを行いました。

新型コロナウイルスの影響で運休が続いていた仙台空港の国際線が、年末に再開される見通しとなりました。 エバー航空は、年明けの2023年1月18日より定期便を再開します。 台北(桃園)∼仙台線の定期便は週4往復で、火曜と水曜、木曜、土曜に運航します。 長栄航空(エバー航空) https://www.evaair.com/ja-jp/index.html

北九州を拠点とするスターフライヤーは11月30日、台北(桃園)~北九州間のチャーター便を運航すると発表しました。 国際便が運航するのは、2年10カ月ぶりとなります。 1月15日から2月13日まで6回往復し、台北発4日間ツアーの訪日客用に運航します。 スターフライヤー https://www.starflyer.jp/