top of page

2020年台湾旧正月、7連休に

従来の規定では最短6日間となっている台湾の旧正月(春節)連休ですが、 来年度より旧正月連休の期間を最短でも7日間とする方針が適用される事になりました。

2020年の台湾旧正月連休は1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休となり、 その代わりに2月15日(土)が振り替え出勤日となります。

関連記事

中国への団体旅行解禁初日、1千人以上が出発

3月1日より台湾から中国への団体旅行が解禁され、初日の旅行会社企画による団体旅行の出発は50団体以上、1千人を超えました。中国への団体旅行について交通部観光署は2月7日に即日募集を停止するよう命じていますが、既に催行が決定している5月31日までのツアーに関しては実施が認められています。 3月1日に中国へ出発したのは 可楽旅遊旅行社(コーラツアー)の26団体608人、雄獅旅行社(ライオントラベルサー

23年の訪台日本人旅客数、コロナ前の52%

交通部観光署の統計によると昨年の1月から11月の出国者数は1,074万人、訪台旅客数は567.2万人と、その差が507万人となりました。そのうち、台湾から日本への旅客数は383万人、日本から台湾への旅客数は80.5万人と、その差は300万人以上となりました。 台湾からの出国者数1,074万人のうち、訪日旅客数は383万人で全台の35%を占めています。次いで中国が159万人、韓国が87.6万人、タイ

故宮博物院の肉形石と翡翠白菜、南部へ

台北の故宮博物院で展示されている肉形石と翡翠白菜が期間限定で南部で展示されることが発表されました。 ・肉形石 故宮博物院での展示期間は2023年10月29日までとなります。 2023年11月7日から2024年5月中旬までは故宮博物院南院で展示されます。 ・翡翠白菜 2023年12月16日から2024年3月10日までは台南美術館2館で展示されます。 肉形石 翡翠白菜

Comentarios


bottom of page