top of page

TPP加盟申請、福島など5県産食品輸入解禁への話し合い。

行政院の鄧振中・政務委員は9月30日、台湾が2011年3月より輸入停止措置をとっている福島第1原子力発電所周辺5県産食品問題について、日本側から提案があれば、台湾側は話し合う準備はできていると語りました。 台湾は9月22日に、環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を申請しており、日本との交渉では、5県産食品の輸入禁止が焦点になるとみられています。

鄧・政務委員は、協議の日程は未定で、対応方法は予測ができないと指摘した上で、日本側は食品輸入問題を重視しており、「提案があれば、無視できない」と述べました。 5県産食品の輸入解禁については、市民の健康を守り、科学的根拠、国際規範に基づくことが原則だと考えを示しました。

関連記事

アマゾンのAWS、25年に台湾へクラウドデータセンター開設

米アマゾンドットコム関連会社でのクラウドサービスプロバイダーの「Amazon Web Services(AWS)」が6月12日、2025年初頭に台湾へデータセンター「AWSアジアパシフィック(台北)リージョン」を開設すると発表しました。また、今後15年間で台湾へ数十米ドルを投資する予定であると明かしています。 AWSは2022年10月に台北で「ローカルゾーン」の供用を開始していますが、今回の「AW

コンピューテックス台北、来場者が8万人越え

6月4日から南港展覧館で開催されていたアジア最大規模の情報通信技術見本市「2024台北國際電腦展(コンピューテックス台北)」 が、6月7日で閉幕しました。開催中の4日間で8万5,179仁のバイヤーや業界関係者が来場したと発表されており、昨年より70%以上増加しました。 今年のコンピューテックスは「AI串聯、共創未來(Connecting AI)」をテーマに、米エヌビディアの黄仁勲CEOや、 米アド

台湾銀行福岡事務所、6月10日開業

台湾銀行の福岡駐在員事務所が6月10日に開業しました。台湾銀行の日本での拠点としては東京支店に続く2カ所目で、台湾積体電路製造(TSMC)の熊本工場開設により九州に進出した4行目の銀行となります。 現在、日本に拠点のある台湾の銀行は8行で、台湾銀行、第一商業銀行、彰化商業銀行、兆豊国際商業銀行、台湾中小企業銀行、玉山商業銀行、台新国際商業銀行、中国信託商業銀行が進出しています。

Comments


bottom of page