top of page

エバー航空さらなる、サービス向上を目指す

長栄航空(エバー航空)の総経理は、今年は「貨物便市場に回復の兆しは見えないが、旅客便は昨年を上回る」との見方を示しました。その上で旅客便については米国、中国、東南アジア路線の増便や新規開拓を計画しているほか、昨年30〜40%の増収となった日本路線についてもさらなる成長が期待できると強調しました。  なおエバー航空は今年から来年にかけて、機体更新のピークを迎え、さらに消費力の高いビジネス客市場の開拓に注力するエバー航空は、高級ビジネスクラス「ロイヤルローレルクラス」におけるサービスの広報イベントを開催しました。

#エバー航空

関連記事

中国籍の交換留学生の受け入れは、新型肺炎と台中関係の影響が原因で3年間中断していましたが、今年の2月より再開されており、既に約300名の中国籍の学生が台湾へ入国していることが分かりました。 最新の統計によると、少なくとも中国の23の大学が2023年春季の交換留学を、台湾の33の大学に申請しています。世新大学では既に30名の交換留学生、研修生を受け入れていて、秋季の学生募集についても大きな反響がある

交通部中央気象局によると、5月29日午前8時現在、台風第2号は、屏東県東南東、660キロの海上で時速14キロで北西に進みました。 今後、北寄りに向きを変え、台湾東部沖で北上する見通しです。

台北市文山区にある台北市立動物園(通称木柵動物園)ですが、 動物園のメンテナンスの為、下記期間中はクローズとなります。 同時期に旅行をご予定の方はご注意下さい。 【メンテナンス期間】 2023年06月12日(月)~2023年06月21日(水) ※猫空ロープウェイは通常通り営業致します。 公式サイトはこちら