top of page

台南市と長崎県平戸市が友好交流協定、明代の武将が縁で

長崎県平戸市の黒田成彦市長率いる訪問団が4月29日、台湾南部の台南市を訪れ、両市の友好交流協定に調印しました。平戸市が台南に祖廟がある明代の武将、鄭成功の出生地であることが縁となり両市は交流を持ち、2013年には民間団体が市民交流促進協定を締結しています。友好交流協定の締結により、今後は文化、教育、スポーツなどの分野で更に緊密な協力関係を築きます。


鄭成功は明代の武将で、台南を拠点にオランダによる台湾統治に終止符を打った英雄で、今年で生誕400周年を迎えます。黒田市長は、両市の友情が今後より一層深まることへ期待を寄せています。

関連記事

台湾と沖縄の自転車競技団体、姉妹協会を締結

台湾の自転車競技の大会を主催する「台湾96自転車協会」と沖縄県自転車競技連盟が6月16日、台北市天母で開催された「96サイクリングレース」の会場で、姉妹協会を締結しました。双方は今後、文化伝達、経済、教育、スポーツ選手の育成など幅広い分野で交流し、相互理解と協力を深めます。 沖縄県自転車競技連盟の津留崎由文会長は、お互いのレースへの参加を通じて、更に多くの沖縄の選手が台湾のレースに参加できるように

福島県三島町の工芸品展、国立台湾工芸研究発展センターを招待

6月8,9日に福島県三島町の生活工芸館で開催された第38回「ふるさと会津工人まつり」に、三島町の招待を受け国立台湾工芸研究発展センターが工芸品を展示しました。双方は昨年9月に友好交流協定を締結しています。 国立台湾工芸研究発展センターは「地域コミュニティの工芸品」をコンセプトに、台湾の柿渋染め、イグサ、稲わら、月桃、竹などを使った編み細工、噶瑪蘭族、阿美族、太魯閣族などの先住民族の織物などを展示し

九州訪問の台南市長、イオン九州とMOU締結

台南市の黄偉哲市長が熊本県を訪問し、6月1日にイオンモール熊本でおこなわれた台湾フェアの開幕式に出席しました。また黄市長は同日、イオン九州の中川伊正代表取締役社長と友好交流に関するMOUを締結しました。双方の飲食文化、農業や漁業の産品、食品の宣伝の協力を継続的におこなうことを確認しました。 黄市長は2日、福岡ソフトバンクホークス会長で台南市の栄誉市民の王貞治氏と面会し、「台南400」の記念野球ボー

Comments


bottom of page