top of page

地域創生プロジェクト、先住民族の2チームが賞を獲得

教育部青年發展署が推進する地域創生プロジェクト「青年社區參與行動2.0 Changemaker計畫」では、18歳から35歳の若者の地域・社会問題の解決への取り組みを促進しています。2023年の事業では、先住民族の2チームが銅賞、銀賞を獲得しました。


銅賞を獲得したチーム「青年 musaura ta」は、台東県を拠点に集落の伝統文化の保全に取り組んでおり、プユマ族の伝統料理「kisiw(鶏肉の薬膳煮)」をテーマとし、使用される薬草を調査、更には薬草畑を作り、消失寸前だった「kisiw」の復活に取り組んでいます。銀賞を獲得したチーム「利嘉婦女養成班」も台東県を拠点としており、女性の採取の仕事と集落の各組織を構築し、婦人会を設立しました。2023年からは婦人会の活動を各年齢層に拡大し、季節ごとの育てる農作物や、伝統祭事を調査して集落のカレンダーを作成しました。

関連記事

重要無形文化財「豊前神楽」が台湾公演を予定、7月に

5月21日に開設された福岡県豊前市台北連絡処が、重要無形民族文化財に指定されている「豊前神楽」の台湾で初めての公演を7月におこなう予定であると発表しました。また、台湾の祭りばやし「陣頭」の「八家将」との文化交流も予定しています。 豊前市の後藤元秀市長は、重要無形文化財である豊前神楽を台湾の人たちへ初めて見せることが出来、嬉しく思うと述べ、台湾の人たちへ豊前神楽を知ってもらい、台日文化交流を促進した

福岡県豊前市が「台北連絡処」開設

福岡県豊前市が5月21日、「台北連絡処」を開設し、後藤元秀市長がプレートの除幕式をおこないました。台湾各界との経済、貿易、文化交流の強化や、観光PR、豊前市の中学、高校の台湾への修学旅行誘致を目的としています。また、連絡処の特別顧問に日本国際交流協会の李奇嶽会長が就任しました。 後藤市長は台日交流に積極的で、今回は訪問団を率いて訪台し、頼新総統の就任式に参列しました。7月には、日本の重要無形文化遺

日本旅行と台湾の靜宜大學が包括連携協定締結

株式会社日本旅行(本社 東京都中央区)と台中市の靜宜大學が5月20日、包括連携協定を締結しました。靜宜大學は国際教育に重点を置いており、この協定では双方の包括的な連携のもと、相互に協力し、 学生の教育機会拡充や国際交流、相互の地方創生事業の推進等に向け協働していくことで、地域課題の解決と持続的発展に寄与することを目的としています。 連携内容は下記の通り発表されています。 (1)教育、研究及び文化の

Kommentare


bottom of page