top of page

誠品生活の大型店、28年に高鉄桃園駅前に出店

台湾高速鉄路(高鉄)桃園駅前に2028年に完成予定のビルに、書店・雑貨店の誠品生活(エスライト・スペクトラム)が大型店舗を出店すると発表しました。出店予定のビルは、プリント基板(PCB)大手メーカーの臻鼎科技(ZDT)の本社ビルで、ビルの建設は2025年より着工されます。13階建ての1階から4階に入居予定で、売り場面積5,000坪の桃園市で初の大型店舗の出店となります。


誠品生活の呉旻潔董事長は、昨年10月に台北市新店区の裕隆城にオープンした誠品生活新店について、夏休み期間の休日には1日に4万人が訪れると述べ、今年の売上高は40億~50億台湾元(約200億~250億円)になると見込んでいます。また今後も大型の路面店の設置を検討しており、台北、新竹、高雄で候補地を探していると説明しています。

関連記事

高雄MRT「蜜柑駅長」、オリジナルグッズ専門店がオープン

高雄市の高雄MRTの左営駅に7月13日、高雄MRTのネコ駅長「蜜柑駅長」のオリジナルグッズを販売する「蜜柑站長専売店」がオープンし、 高雄市の陳其邁市長や市のマスコットキャラクターの高雄熊がお祝いに駆け付けました。陳市長は、野良猫から駅長となった蜜柑駅長の高い人気にあやかり、市の観光促進につなげたいと述べました。 高雄MRTは今年の蜜柑駅長の経済効果は、初めて1,000万台湾元を突破すると見込んで

中正紀念堂、ホールでの儀仗隊交代式を取りやめ

1969年の中正紀念堂開館時より44年続いた銅像ホールでの儀仗隊交代式のパフォーマンスが、7月14日で取りやめとなりました。7月15日からは場所が中正紀念堂正面の「民主大道」に移され、午前9時から午後5時の毎時ちょうどに15分間のパフォーマンスがおこなわれます。雨の場合はおこなわれません。 文化部は銅像ホールでのパフォーマンス取りやめについて、個人崇拝や権威主義崇拝から脱するためで、国民党独裁期に

南投県埔里の商業施設にTSUTAYA BOOKSTORE、8/1オープン

デベロッパーの精英開發が10億台湾元(約50億円)を投じて建設した南投県埔里鎮の複合商業施設「日月町」に、ブックカフェ「TSUTAYA BOOKSTORE」が8月1日にオープンします。台湾で12店舗目の開店です。 日月町は国道6号の愛蘭インターチェンジ(IC)に近く、南投県の景勝地である日月潭国家風景区に向かう途中に位置しています。敷地面積1万3,000坪にTSUTAYA BOOKSTOREを含む

Comments


bottom of page